カートの中身を見る

カートの中に商品はありません










パワーストーンから選ぶ

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

AMERI Stone

ご来店 誠にありがとうございます!
どうぞごゆっくりご覧ください。
お問い合わせなどがありましたらお気軽にお願いします♪
世界中の珍しい天然石・パワーストーンを扱っております☆
お店にも遊びにいらして下さい^^

店長日記はこちら

Feed

ドリームキャッチャー [きらり] DRMCC-011


≪三日月モチーフのシェル≫
三日月は女性の子宮の形に似ていることから子宝のお守りとして用いられることがあります。

そして母親という意味を持ち、母なる大地とつながるという意味もあります。
その他にも、希望・成長・再生の意味があります。

シェルは海の静けさを運んできてくれると伝えられ安眠に効果があり、枕元に置いて眠ると悪夢を見ず、リラックスして眠ることができるといわれています。
豊かさの意味もあり、古来では魔除けとしても使われていました。

オーロラクォーツは潜在的な能力を開花させる石と言われ、これから進むべき道に迷いのある方や、自分の行動が正しいのか迷いのある方にとって、その不安を払拭させ、正しい方向へ導いてくれる石といわれています。

素材として使われているヘンプとコットンには、『導き』と『解放』という意味があるそうです。



・直径:約10cm
・全長:約51cm(吊るす紐を含む)
・ストーン:オーロラクォーツ
・素材:ヘンプ・コットン

【ドリームキャッチャー - Dreamcatcher -】
ネイティブアメリカンの部族に伝わる神話です。

昔々、アメリカ北部のスペリオル湖周辺にオジブワ族と呼ばれる部族が暮らしていました。
その部族には、オジブワ語でAsibikaashというスパイダーウーマンが守り神だったといいます。

彼女は毎朝、太陽を捕えて子供たちに光をもたらすための小屋を建てました。
彼女は蜘蛛なので、小屋は蜘蛛の巣の形。
そこに付着した朝露が朝日を反射させ、光を捕まえる。

しかし時代の流れと共にオジブワ族が各地に散らばっていくと、彼女は部族全員をまとめて見守ることが出来なくなりました。
そこで守り神は蜘蛛の巣小屋を個々で作るように伝え、離れたオジブワ族の人たちを悪夢から守るようになりました。
それが「ドリームキャッチャー」の起源とされています。



≪ドリームキャッチャーの使い方≫
ベッドルームに飾ると夜眠っている時、ドリームキャッチャーが夢を引き寄せると言われます。

悪い夢であれば、それはキャッチャーネットが捕まえてしまいます。
良い夢であれば、眠っている人の意識の中に降りていきます。

朝が来て、ドリームキャッチャーが日光に当たると、悪い夢は溶けてなくなってしまいます。
太陽の下では、悪い夢は生きられないのです。

目が覚めると、ピースフルな眠りから覚め、リフレッシュした気分になります。

お守りとして子供が生まれた時に親が手作りして枕元に飾る習慣もあるようです。

※色の具合や模様は変わります。
※モニター環境によって多少の色の違いがありますことをご了承くださいませ。





型番 DRMCC-011

ピックアップ商品